2008年01月12日

ワキ 脱毛のポイント

女性にとってワキ毛は嫌ですよね。悩みの種ですよね。
若い女性であれば、ほぼ100%の人がワキ 脱毛を行っているのではないでしょうか。
夏場以外は、ワキ 脱毛をしていない人もいるかもしれませんが、
それくらいにワキ 脱毛は重要ですね。
どんなにおしゃれをしていても、ワキ毛が見えたら台無しですね。
かみそりで剃った後がわかるのも嫌です。
やはり、ワキはキレイに処理したいものですよね。
そもそもどうしてワキに毛があるのでしょうか?
頭髪は日差しや障害物から保護するためにあります。
眉毛は、目を汗や水分から保護するためにあります。
鼻毛は、ほこりやごみの侵入を防ぐためにあります。
まつげも、ほこりやごみの侵入を防ぐためにあります。
では、ワキ毛はどうでしょう?
ワキ毛は、ワキに汗をかいた時に、そのにおいが分散しやすいように毛が生えているのです。
意外にも、そのにおいには、フェロモンが含まれていて、
オスやメスを引き寄せる効果があるそうです。
つまり、ワキ毛は、本来、種の保存のためにあるのです。
なるほど、ワキの下の汗って人によっては強烈なにおいがしますが、
これは、フェロモンたっぷり?
でも現代女性においては、ワキ毛は、やっぱり不要ですよね。
タグ:ワキ 脱毛
posted by のりこ at 19:09 | 日記

男 脱毛のポイント

男 脱毛に関して興味ありますよね。
特に、男性には、胸毛や濃いひげがあると、男らしくたくましく見えそうですが
実は毛深いことが悩みだったりしますよね。
男性でも、矢沢永吉やイチローのようなソフトな感じのひげは、魅力的ですが、
剛毛でヒゲの剃り跡が青々としているのは、やっぱりちょっとイヤですね。
不潔っぽくみえたり、お笑いのようにみえるからでしょうね。
最近では、男性が自分で気にするうえに、
女性からも嫌われるようです。
特に顔のひげなどは、濃いすぎるのも考えものですね。
朝ちゃんと剃ったのに、夕方にはもうひげが生えてきて・・・なんてのは
不潔っぽくって困りますよね。
男 脱毛や男性のエステが流行しているのも、
こういった悩みやコンプレックスを抱えている人が多いからでしょう。
男 脱毛で、ひげの脱毛処理もあるようですが、
除毛クリームや、剛毛を薄くするクリームなどもあります。
男 脱毛クリームも、肌によっては、
炎症を起こすかもしれませんので、合わないものは即、使用をやめましょう。
でも、自分が気にしているほど、周りは嫌がっていないかもしれませんよ。
タグ:男 脱毛
posted by のりこ at 18:36 | 日記

レーザー 脱毛のポイント

レーザー 脱毛はデリケートな悩みですよね。
ムダ毛の脱毛の悩みを抱えている方は少なくないと思います。
たとえば、ワックスやかみそり、毛抜きなどを使用しても
永久には脱毛できません。
だから、常に脱毛処理に追われることになります。
それもちょっとつらいですよね。
そこで、最近話題のレーザー 脱毛、というのはどんなものなのでしょうか?
レーザー 脱毛は、永久にムダ毛の処理から開放される、といわれていますが、どんなものなのでしょうか?
レーザー 脱毛の種類は、ルビーレーザー、ダイオードレーザー、アレキサンドライトレーザー、YAGレーザーなどがあるようです。
その中でも、レーザー 脱毛は主に、アレキサンドライトレーザー、ダイオードレーザーが使用されています。
永久脱毛といえば、電気針脱毛もありますが、どこがちがうのでしょうか?
電気針脱毛に比べてレーザー 脱毛は、短時間で脱毛処理ができますし、
感染などの心配がありません。
レーザー 脱毛は、脱毛部分を剃毛してから行います。
レーザー出力や適応を誤ると、やけどや色素沈着のようなトラブルが起こる可能性はあります。
脱毛当日は、毛包部が赤く炎症を起こすことがありますが、
通常は2〜3日で消えます。
レーザー 脱毛処理後は、軟膏を塗って肌を保護しましょう。
また、レーザー 脱毛処理後に強い日差しを浴びると、その部分がシミになることがありますので
気をつけなければなりません。
レーザー 脱毛も、必ずしも安全とはいえないようです。
日本でもレーザー 脱毛は人気があるようですが、
しかしながら、まだ、特にエステサロンなどでのトラブルも多いようです。
レーザー 脱毛には、専門知識や高度な技術がいりますので、
レーザー 脱毛を行うには、専門の皮膚科や美容外科で相談することをオススメします。
posted by のりこ at 18:28 | 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。